抜かない・削らない|東大阪市の歯医者・歯科|鴻池新田駅5分

鴻池新田駅5分

駐車料金負担

キッズコーナー

バリアフリー・訪問歯科

東大阪市歯科医師会加盟

矯正歯科・マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

東大阪で1番痛くない歯医者を目指しています

06-7163-9070

東大阪市鴻池元町11-4東大阪エリア訪問歯科対応

抜かない・削らない

できるだけ削らず、抜かない低侵襲治療

低侵襲治療

二郎歯科では、患者さまの歯を守るために、できるだけ削らず、抜かないための保存療法に重点を置いております。天然の歯は何にも代えがたい貴重なものですので、可能な限り保存することが、歯そのものの寿命を延ばすことは間違いありません。ここでは、そんな低侵襲治療について、当医院が行っている取り組みをご紹介いたします。

削除量を減らすための4つの方法

できる限り削らない

理想的な歯科治療は、健全な歯質と虫歯に侵された歯質の境界を見極め、虫歯の部分だけを削り取ることです。そうした精密な虫歯治療を実現するために、当医院では以下の4つの方法を実施しております。

① 拡大鏡を用いた精密治療

精密治療

当医院では、保険診療の自費診療の両方で、症例に応じて歯科拡大鏡を活用しております。拡大鏡を用いることで、通常の視野の5倍の広さで術野を観察できるため、自ずと治療の精度も上がっていきます。その結果、早期発見、早期治療も難しくなくなります。

② エキスカの活用で丁寧な虫歯除去

エキスカ

虫歯を全てタービンで削ろうとすると、どうしても過剰な切削を招いてしまいます。そこで当医院では、エキスカという手動の器具を用いて、必要最低限の虫歯除去を行っております。エキスカであれば、不快な振動や騒音が生じることもありません。

③ 虫歯だけを染め上げる検知液の活用

虫歯検知液

当医院では、虫歯にかかっている歯質のみを染め上げる検知液を活用しております。検知液によって赤く染め上がった部分だけを削除していくため、健全な歯質を保存することが可能です。

④ 予防を重視した歯科治療

予防

虫歯や歯周病は、予防することができれば、歯や歯周組織に負担をかけるような治療を施す必要がありません。患者さまに定期検診を受けていただき、効果的な予防処置を実施しております。

歯を抜かずに残すための4つの方法

できる限り抜かない

歯を失った場合の補綴治療には、いろいろな種類がありますが、どれも天然歯には及びません。そこで当医院では、可能な限り天然の歯を残せるような保存療法を提案させていただいております。実際に当医院では以下のような方法で、保存療法を実施しています。

① 歯周病を薬で治す(歯周内科治療)

歯周内科治療

歯周病の根本的な原因は、口腔内で歯周病菌が増殖することです。そんな歯周病菌を薬剤によって除去することで、歯周病の完治を目指すのが「歯周内科」治療です。歯周病は抜歯を招く主な原因でもあるため、完治させることは非常に有益なことといえます。

② 歯周再生療法で歯茎や歯槽骨を再生

歯周再生療法

歯周病が重症化すると、歯茎や歯槽骨が吸収されるため、歯を支えることが困難になります。その結果、歯が自然に抜け落ちたり、抜歯処置を要したりすることとなるのです。そこで当医院では、失われた歯周組織を歯周再生療法によって再生する取り組みを行っております。ちなみに当医院で採用している歯周再生療法の術式はエムドゲインです。

③ 拡大鏡を用いた精密根管治療

拡大鏡

拡大鏡を用いた精密操作が最も生かされるのは、根管治療です。虫歯が歯の根っこにまで及んだ際に必要となる治療で、肉眼では確認することが難しい、細く、複雑な形態をした根管を形成したり、洗浄したりする処置です。そんな根管治療は、症例に応じて拡大鏡を用いることで、治療の精度が格段に上がることが多いといえます。

④ 根本的な虫歯リスクを取り除く治療

根本治療

一般的な虫歯治療は、目の前の汚染された歯質を除去するだけにとどまりますが、それでは根本的な解決にはなりません。なぜなら、患者さまが虫歯になった原因は、食生活やブラッシングの方法、頻度など、普段の生活習慣にあることが多いからです。そこで当医院では、根本的な虫歯のリスクを取り除くため、患者さまの生活習慣などを聴き取り、改善点などを指摘させていただいております。

東大阪で歯を抜かない、削らない歯医者なら

抜かない・削らない

このように二郎歯科では、歯をできるだけ削らず、抜かず、本来ある形で残せるような治療を心がけております。そんな低侵襲治療を東大阪でお探しなら、ぜひ当医院までご連絡ください。

トップへ戻る