つめ物・被せ物|東大阪市の歯医者・歯科|鴻池新田駅5分

鴻池新田駅5分

駐車料金負担

キッズコーナー

バリアフリー・訪問歯科

東大阪市歯科医師会加盟

矯正歯科・マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

東大阪で1番痛くない歯医者を目指しています

06-7163-9070

東大阪市鴻池元町11-4東大阪エリア訪問歯科対応

つめ物・被せ物

機能性と審美性を追求した精密審美歯科

精密審美歯科

二郎歯科では、単に噛めるようになるだけでなく、美しさまで追求した補綴治療を実施しております。術式はもちろんのこと、使用する材料も吟味し、患者さまにとって最も自然に見えるつめ物やかぶせ物を作製しております。そこで、以下に挙げるようなお悩みを抱えている方は、ぜひこのページを最後までご覧ください。

治療前

治療前

治療後

治療後

レジン充填で削る量もつめる量も最小限に

レジン充填

比較的小さな病変であれば、レジン充填で対応可能です。プラスチック製の材料を虫歯治療で生じた穴につめるだけで、本来の歯の形を復元することができます。従来のつめ物のように、歯科技工士さんの力を借りる必要もないため、来院されたその日に歯を修復することが可能です。そんなレジン充填なら、歯を削る量もレジンをつめる量も最小限に抑えることができます。

拡大鏡を用いた精密形成で適合性も向上

拡大鏡

つめ物やかぶせ物を長持ちさせるためには、歯を削る時点で精密に形成しなければいけません。当医院では、拡大鏡を用いた精密形成を行っておりますので、つめ物などの補綴物がぴったりと適合します。その結果、虫歯の再発を防ぐことができるだけでなく、補綴物の破折や脱落といったトラブルも未然に防ぐことができます。

9つの基準を設けることで審美性を追求

「美しい」という感覚は、個々人によって大きくことなります。そこで当医院では、審美歯科治療を施すにあたって、以下に挙げる9つの基準を設けました。

歯の形態

歯の形状

患者さまの歯列に調和した歯の形態を追求します。その際、患者さまの印象や個性も考慮します。

正中を合わせる

正中の合致

顔の中心と歯列の中心が合致すると、審美性は各段に高まりますので、正中を合わせることは欠かしません。

スマイルライン

スマイルライン

笑顔になった時、口元に現れる緩やかなカーブをスマイルラインといいます。このラインをナチュラルに仕上げることで、審美性が高まります。

歯の特徴づけ

歯の特徴

歯の細かい造りや質感などを天然歯に寄せながら精巧に仕上げます。

性別を意識する

性別

補綴物に対して、男女で異なる特徴づけを施します。

肌の色との調和

肌の色

補綴物の色を天然歯とだけでなく、患者さまの肌の色とも調和するよう調整します。

年齢に応じた特徴づけ

年齢

歯は経年的に変化しますので、患者さまの年齢に応じた色や形を施します。

素材の厳選

素材

患者さまの歯質や体質、咬合状態なども加味しながら、最適な素材を選択いたします。

全体とのバランス

バランス

顔貌や口元、それから歯列など、全体とのバランスを考慮しながら、美しい補綴物に仕上げます。

経験豊富な歯科技工士による作製

熟練歯科技工士

当医院は、技工操作の経験豊富な歯科技工士さんと提携しておりますので、品質の高い補綴物を作製可能です。歯科技工士さんもベテランになると、歯科医師の指示通り、あるいはそれ以上の補綴物を作製できますので、当医院でも安定した品質のつめ物やかぶせ物を提供し続けることが可能となっております。

患者さまひとりひとりで異なる最適な素材

体質や噛み合わせも考慮患者さまの歯質や体質、かみ合わせなどは千差万別です。それだけに、最適といえる素材もひとりひとりで大きく異なってくるのです。そこで当医院では、保険、自費関係なく、患者さまにベストといえる歯科素材の提案をさせていただいております。もちろん、カウンセリングの段階で、経済性や審美性など、どこに重点を置いた歯科治療をご希望されているかをお聞かせいただけたら、その点も考慮した上でのベストな素材をご提案させていただきます。

ご予算に応じた治療の提供

事前に、ご予算をお伺いいたしますので、治療の提案もご予算の範囲内となっております。もちろん、保険診療か自費診療かという大まかなご希望でも構いませんので、気兼ねなくお伝えいただけたら幸いです。

6つのこだわりで機能性を向上

機能性の向上ここまで、補綴物の審美性をいかに向上させるかという点を解説させていただきましたが、もうひとつ忘れてはいけないポイントとして、補綴物の機能性があります。つめ物やかぶせ物などは、美しい歯の形に仕上げて審美性を回復させることも大事なのですが、やはり「咀嚼」という歯が持つ本来の機能を回復させなければ意味がありません。そこで当医院では、補綴物の機能性を向上させるため、以下に挙げる6つのこだわりを持って、診療にあたっております。

拡大鏡を用いた精密治療

初期治療の徹底

虫歯や歯周病は、拡大鏡を用いた精密治療によって、優れた補綴物を作製するための土台を形成します。

かみ合わせを徹底的に調整する

認定医の噛み合わせ調整

かみ合わせは1mm単位で徹底的に調整することで、しっかりと機能する補綴物に仕上げます。

型取りにはシリコンを使用

型取りでのシリコン使用

シリコンを用いた型取りは精密性が高く、良好な補綴物を作る上では欠かせません。

精度の高いワックスアップ

ワックスアップ

補綴物の形態をワックスで構築し、精度の高い補綴物の雛型とします。

仮歯の作製にも手を抜かない

仮歯の精度

仮歯の精度も高めることで、最終補綴物の仕上がりも良くなります。

歯肉圧排による適合性の向上

歯肉圧排(しにくあっぱい)

型を取る時や補綴物を装着する際に、歯肉を押し下げることで、補綴物の精度や適合性が高まります。

東大阪で審美性の高い補綴治療をお望みなら当医院へ

質の高い審美歯科

このように、二郎歯科では審美性が高いだけでなく、機能性にも優れた補綴治療を提供しております。銀歯を白くしたい人や、もっとしっかり噛めるかぶせ物に替えたいという方は、ぜひ当医院までご連絡ください。

トップへ戻る