痛くない親知らずの抜歯|東大阪市の歯医者・歯科|鴻池新田駅5分

鴻池新田駅5分

駐車料金負担

キッズコーナー

バリアフリー・訪問歯科

東大阪市歯科医師会加盟

矯正歯科・マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

東大阪で1番痛くない歯医者を目指しています

06-7163-9070

東大阪市鴻池元町11-4東大阪エリア訪問歯科対応

痛くない親知らずの抜歯

親知らずは抜かずに残せることもある

痛くない親知らずの抜歯

親知らずの治療法といえば「抜歯」ですよね。痛みなどが生じていなくても「いつかは抜かなければならないもの」と思い込んでいる方も珍しくありません。もちろん、親知らずによって口腔内にさまざまな悪影響がおよんだ際には、抜歯を余儀なくされますが、基本的に当医院では「残せる親知らずは残す」という方針で診療を行っております。その理由について詳しく解説していきます。

親知らずを抜かずに残す理由とは

将来的な移植の可能性

当医院は、親知らずをできるだけ抜かずに残すべきだと考えておりますが、それはいろいろな場面で親知らずをリサイクルすることができるからです。具体的に以下のようなケースで、親知らずを活用することができます。

このように、親知らずは貴重な天然歯のひとつであり、移植歯や支台歯として活用することが可能なのです。

すべての親知らずが移植できるわけではない

親知らずを移植歯として活用するには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。親知らずの歯根や歯冠が移植先と適合しなければ、そもそも移植することが不可能だからです。そのため、親知らずの形態や大きさなどは、移植の可否に大きく関わってきます。

親知らずを抜歯しなければならないケース

親知らずは抜くべき

親知らずが中途半端に生えているケース

親知らずが正常に生えていないケースでは、のちのち虫歯や歯周病にかかる可能性が高いため、抜歯をしてしまうことが多いです。具体的には斜めに生えていたり、半分だけ生えていたりするケースです。こうした親知らずは、清掃性が極めて悪いため、早期に抜歯した方が口腔衛生上、良いことが多いです。

手前の歯を圧迫しているケース

親知らずが水平に生えていたり、歯ぐきに半分埋まっていたりすると、隣の歯の歯根を吸収してしまうケースがよく見られます。あるいは、隣の歯を圧迫することで、歯列から逸脱させてしまうこともあり得ますので、こういったケースでは抜歯が第一選択となります。

親知らずの周囲に嚢胞が形成されているケース

親知らずの周囲に嚢胞(のうほう)が形成されていたら、抜歯を行うことが多いです。嚢胞とは膿(うみ)のかたまりのようなものですので、親知らずに大きな病変が生じていることは間違いありません。これを放置すると、親知らずだけでなく、周囲の歯や歯周組織にまで悪影響が及ぶことがあるため、抜歯を選択することが多いです。

親知らずが口腔粘膜を傷つけているケース

いびつな生え方をしている親知らずは、かみ合わせが悪いことも多く、歯ぐきや頬の粘膜を傷つける原因になっていることも珍しくありません。こういったケースでは、わざわざ親知らずの矯正を行うことはせず、抜歯が第一選択となります。

親知らずが虫歯にかかっているケース

親知らずが虫歯になっているケースでは、重症度にもよりますが、抜歯を適応することが多いです。もちろん、つめ物などで対応できる軽症であれば、修復処置を施すこともありますが、そもそも清掃性が悪くなっているため、再発のリスクも高いです。ですから、中等度から重度の虫歯であれば、根管治療などは行わず、抜歯を実施することも珍しくありません。

親知らずの抜歯に伴う痛みについて

親知らずの抜歯の痛み

親知らずの抜歯には、強い痛みを伴うことはありません。なぜなら、抜歯処置に先立って、歯科麻酔を施すからです。そのため、痛みに関して注意すべきなのは、抜歯後、麻酔の効果が切れてからといえます。そこで当院では、麻酔の効果が切れた後もできるだけ痛みが生じないような処置法を心がけております。

抜歯に時間がかかるほど痛みも強くなる

時間と痛みの関係性抜歯処置に時間がかかるということは、それだけ難症例であることを意味します。複雑な根っこの形をしていたり、いびつな状態で歯ぐきの中に埋まっていたりとさまざまです。そうしたケースでは、自ずと歯を抜く際の処置も高侵襲となりますので、麻酔が切れた後の痛みが強くなります。当医院では、そうした難症例の抜歯においても、事前にシミュレーションを行うことで、可能な限り痛みを軽減するよう努めております。

ドライソケットによる痛み

ドライソケット親知らずの抜歯後、傷跡が治癒せず、骨が露出してしまうケースがあります。これは頻繁にうがいをしてしまうことで発症しやすい「ドライソケット」と呼ばれる病態です。本来は、傷跡にカサブタができて自然治癒していくのですが、頻繁なうがいによって血液が洗い流されてしまうと、傷跡にカサブタが形成されない状態で渇いてしまいます。その結果、強い痛みを感じることがあります。当医院では、そうしたドライソケットを予防するために、人工コラーゲンを用いた処置を施しております。

小顔効果のために抜くべきではない?

小顔効果

親知らずを抜歯することで、少なからず小顔効果が得られるかもしれませんが、目に見えるほどの大きな変化は期待できません。ですから、小顔効果を目的として親知らずを抜歯することは、当医院ではお勧めしておりません。

東大阪で痛くない親知らず治療をご希望なら当医院へ

親知らずの診断や抜歯

東大阪で当医院ほど親知らずの保存に努めている歯科医院も珍しいかと思います。また、親知らずを抜歯するにしても、できるだけ痛くない、治療後のドライソケットも防止するような取り組みを多々行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

トップへ戻る