インプラント(口腔外科)|東大阪市の歯医者・歯科|鴻池新田駅5分

鴻池新田駅5分

駐車料金負担

キッズコーナー

バリアフリー・訪問歯科

東大阪市歯科医師会加盟

矯正歯科・マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

東大阪で1番痛くない歯医者を目指しています

06-7163-9070

東大阪市鴻池元町11-4東大阪エリア訪問歯科対応

インプラント(口腔外科)

インプラント治療の精度を高めるための方法

インプラント

インプラント治療には、必ず外科手術が伴いますので、適切な設備と高い技術を備えた歯科医師が不可欠です。二郎歯科では、そんなインプラント治療に必要な要素を全て整えた上で、患者さまのご来院をお待ちしております。精密なインプラントを提供することで、東大阪全域から患者さまがお越しいただき、満足のいく治療を受けていただいております。そこで、当医院が精密インプラント治療を実現するために行っている5つのポイントをご紹介いたします。

当院はバリアフリー・訪問歯科に対応しております

バリアフリー

足腰の不自由な方もご安心ください。当院は安心の完全バリアフリー対応歯科医院です。院内はお手洗いを含めてすべて、段差のないバリアフリー構造になっております。また、足腰の問題や病気等で通院できなくなってしまった場合にはご自宅や施設に歯科医師や歯科衛生士を派遣する訪問歯科にも対応しておりますので、一生涯お任せ頂くことが可能です。どうぞ将来のことにもご安心いただき、私たちにお任せください。

① CTによる精密診断

精密診断

インプラント治療では、インプラント体と呼ばれるチタン製の人工歯根を顎の骨に埋めなければならないため、顎骨の厚みや深さ、奥行きなどを詳細に調べる必要があります。そこで有用なのが歯科用CTです。CTスキャンでは、3次元的な画像が得られるため、患者さまの顎の骨を立体的には悪することができます。これは2次元的な画像しか得られないレントゲンとの大きな違いです。そうしてたくさんの情報を得ることで、精密なインプラント治療が可能となります。

② メリットデメリットの両方を提示する

メリットデメリット

インプラント治療は万能であるわけではありません。外科処置を伴ったり、保険が適用されないなどのデメリットもあるため、その全ての情報を提示した上で、患者さまに治療の選択を行っていただいております。施術後に後悔されてしまったら、それはお互いにとって残念なことですので、心から納得していただいた上で、治療を開始するようにしております。

セカンドオピニオンの活用を推奨

当医院では、インプラント治療に関するセカンドオピニオンの活用を患者さまに推奨しております。当医院の治療について他院にセカンドオピニオンを求めることはもちろん、他院の治療に関するセカンドオピニオンも当医院で受け付けております。今やセカンドオピニオンという制度は、どの歯科医院でも理解が広まっておりますので、気兼ねなくご相談ください。

③ 安全な環境で最良のインプラントオペを

安全な環境

インプラントオペには、歯科医師の高い技術が必要ですが、それ以前にオペの環境が整っていなければ、安全に処置を進めることができません。当医院では、そんなインプラントオペの環境づくりにこだわりを持っております。

院内における感染防止策

個室のオペ室

インプラントオペ中の感染防止対策はもちろんのこと、使用する器具の滅菌も徹底しており、院内感染の防止に力を入れています。

サージカルガイドの活用

オペ精度向上

当医院のインプラントオペでは、事前のシミュレーションで作製したサージカルガイド活用しております。その結果、医療事故を回避できるだけでなく、インプラント体の埋入位置や埋入深度などを見誤ることもありません。

CTを用いた事前診断の徹底

事前シミュレーション

インプラント治療の精度は、歯科用CTと専用のシミュレーションソフトを用いた診査・診断で、ほとんど決まるといっても過言ではありません。それくらい重要な事前診断を当医院では精密に行っております。

④ 骨量が不足していても骨造成で解決

インプラントを適応できるかどうかは、顎の骨の状態によって左右されます。骨量が足りなかったり、骨密度が低すぎたりすると、そのまま治療をスタートさせることは困難です。けれども、骨造成(ソケットリフト、サイナスリフト)などの処置を施すことで、適応可能になることも珍しくありませんので、他院で断られた方も、まずは当医院にご相談ください。精密検査の結果によっては、インプラント治療が適応可能になる可能性もあります。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトは、上の顎の骨に適応される骨造成の術式で、骨の厚みが1~3mmほどしかない症例で骨の造成を行います。上顎洞(サイナス)に骨を移植することでその厚みを補填し、インプラント体を埋入します。

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフトも上の顎の骨に適応される骨造成法で、上顎洞に骨を移植する点も同じです。ただし、骨の厚みが3~7mm程度の症例に適応され、顎骨の側面から骨を移植するという点でソケットリフトと異なります。

⑤ 充実したメンテナンス

メンテナンス

インプラントを長く使い続けるためには、患者さま自身によるセルフケアだけでなく、歯科医院で受けるメンテナンスも重要となります。当医院では、インプラント周囲炎やインプラントの脱離などのトラブルを未然に防ぐために、充実したメンテナンスを実施しております。

アフターケア

インプラント周囲炎とは、インプラントを埋めた周囲の歯肉に炎症が生じる病気です。進行すると、通常の歯周病と同様に、歯根膜や歯槽骨にまで炎症が波及します。ですから、歯科医院で定期的に、インプラント体周囲のクリーニングも受ける必要があるといえます。当医院では、そんなインプラント治療のアフターケアもしっかり行っております。

インプラント治療を東大阪でご検討中なら当医院へ

インプラント治療

当医院では、インプラントの無料相談を実施しております。インプラントに関する疑問や不安など、どんなことでも良いので気軽にご相談ください。また、セカンドオピニオンも受け付けておりますので、他の歯科医院から相談に来られても、快くお受けいたします。二郎歯科は、インプラントの治療前から治療後まで、患者さまを全力でサポートさせていただきますので、まずはご連絡ください。

トップへ戻る