感染予防、消毒、滅菌についてパート2|東大阪市の歯医者・歯科|鴻池新田駅5分

鴻池新田駅5分

駐車料金負担

キッズコーナー

バリアフリー・訪問歯科

東大阪市歯科医師会加盟

矯正歯科・マウスピース矯正

お問い合わせ・ご相談

東大阪で1番痛くない歯医者を目指しています

06-7163-9070

東大阪市鴻池元町11-4東大阪エリア訪問歯科対応

感染予防、消毒、滅菌についてパート2

投稿日:2018年8月16日

カテゴリ:院長ブログ

二郎歯科 院長の井口二郎です。

上記の写真は当院のゴム手袋(グローブ)入れとアルコール消毒用のディスペンサーです。

二郎歯科では、患者さんごとに手袋を代える、のは当たり前です。

歯科医師と歯科衛生士、歯科助手が処置ごとに代えるので1日200枚~300枚くらいは使用している計算になります。

6年前の二郎歯科の開院当時から手袋は何枚使っても良い、とスタッフには徹底しています。

私が歯科医師になった18年前には、手袋は穴があくまで使いなさい!という歯科医院が大半だったのではないでしょうか。

しょっちゅう手袋を交換したいなら、医院にあるグローブを使わずに自腹でグローブを買いなさい、それが嫌なら素手で治療しなさい!と言われたことも正直ありました。

もちろん私は自分で二郎用グローブを買って、診療していましたよ(笑)

いくら手を洗っていますと言われても、私が患者さんの立場なら、かなり、というか無茶苦茶イヤなので。

二郎歯科では、グローブを取り換えるパチン、パチンという音が響いております。

 

 

 

トップへ戻る